ダイエットチャレンジ、流行の減量法にトライ!

ダイエットチャレンジ、流行の減量法にトライ!

ダイエットチャレンジ、流行の減量法にトライしていきます。

 

今回は糖質制限ダイエットにチャレンジ!

 

メディアなどでも取り上げられている糖質制限ダイエットですが、
そもそも糖質制限ダイエットとはどういうものか?

 

ここでは、私が大学の授業や論文から、独自に最適だと考えた糖質制限ダイエットについて
説明していきたいと思います。

 

  • 三食のうち最大二食まで糖質を制限した食事にする!
  • 食事の初めには、できるだけ生野菜を!

 

 

この2二つが私の糖質制限ダイエットのルールです。
まず、1について説明します。

 

三食とも糖質制限すればすごく痩せられるのでは??と、思われる方もいると思います。
しかしこの糖質制限注意しないといけないことがあり、

 

それは、糖質を三食とも制限してしまうと、ケトン体というものが体の中にでき体臭がきつくなったりします。
ですので、あくまでも健康的にダイエットをしたいのであれば、制限食は最大でも二食までにしてください。

 

 

次に2について説明します。

 

確かに糖質制限の強みとしては、糖質さえ制限すれば好きなものを食べることができるということがありますが、
ここでいきなり脂質の多い動物性たんぱくなどを摂取することもよいのですが、
ここは少し我慢していただいて、野菜、特に生野菜から食べていただいたほうが、ダイエットの効果はさらに上がります。

 

理由としては、野菜に含まれる食物繊維や、新鮮な生の状態で食べることによる酵素の働きを存分に活用することができるからです。

 

また、血糖値を緩やかに上昇させることができ、体にも負担が少なく、
インスリンが大量に放出されることを防ぐことができるので、
脂肪がよりつきにくくなり、痩せやすい体へと導いてくれるのです。

 

 

具体的な食事内容は

 

私が行った糖質制限食においてどのようなものを基本的に摂取していたかを紹介したいと思います。
まず、私の場合は朝から授業があったりと、日中にエネルギーが必要だったので、
朝食は好きなものを摂取し、昼食と夕食は糖質制限食を食べていました。
では、実際に何を食べていたのかを説明します。

 

基本的には、糖質させ摂取しなければ何を食べても大丈夫なので、

 

鶏肉、卵、牛肉、豚肉、魚、納豆、豆腐をはじめ、ほうれん草、オクラ、レタス、セロリなど、動物性タンパクと植物性タンパクと、そして野菜を多く摂取して、
糖質以外の栄養分をなるべくたくさん摂取することにより、体の調子を崩さないように気を付けながらダイエットに取り組んでいました。
また、調理方法はゆでることがすごく多かったです。
いくら糖質制限だからとはいえ、カロリーが多くなりすぎると結局太ってしまうことになるので、
油を使わずに、ゆでることでカロリーをうまく調節していました。

 

 

実際の効果は・・?

 

実体験としては、
身長166cm 体重70s 20歳の状態で
一か月の間糖質制限だけを上記のようにしっかりとルールを守って行った結果、
体重を58sまで落とすことに成功しました。

 

実験として一週間の間三食とも完全に糖質を摂取しなかった場合、
68sから62sまで落とすことができましたが、その後に風邪をひいてしまったことから、エネルギー不足により免疫力もかなり落ちていたのだと思います。

 

やはり、このダイエットの成功要因としては、巷で流れている糖質制限ではなく、
独自に改良し上記のルールにのっとり、しっかりと取り組んだことが成功の秘訣だったといえると思います。

 

 

 

糖質制限ダイエットのメリット、デメリットは・・・?

 

メリットとしては、体が軽くなることにより身体能力が昔に比べてかなり上がり、
部活動で良い結果を残すことができるようになりました。

 

また、服なども好きな服を選ぶことができ、痩せている分服に呑まれず、おしゃれだねと言っていただけることが多くなりました。
逆にデメリットとしては、やはり一か月に12sも落ちてしまった分、筋肉も多少なりとも落ちてしまい最大筋力が落ちてしまったことがあげられます。
しかし、この問題はトレーニングによって、筋力を元に戻すことは大いに可能なので、
むしろ、トレーニングによりさらに痩せることができ、メリットともとらえられると思います。

 

 

以上が私の行った、糖質制限食の内容と結果です。
興味を持たれた方は、ぜひとも私の二つのルールにのっとって行ってみてください!