胃を小さくしてダイエットすればリバウンドしない!3段階の手順

胃を小さくしてダイエットすればリバウンドしない!3段階の手順

数々のダイエットを試しましたが、このダイエットを実践してから、全くリバウンドしなくなりました。なぜそれがいいのか?そしてどうやって実践すればいいのか3段階の手順で説明します。

 

 

太ってしまう最大の原因はやはりカロリーの摂取過剰、当たり前の事です。カロリーの過剰摂取をやめるために特別な方法をとっても、それを日頃の生活の中で実践し続けられなければ、リバウンドしてしまうのは当たり前では無いでしょうか?それに高額なサプリメントやダイエット食品を買い続けるのも、金銭的に苦しくなってしまいます。
しかし、そもそも食べる量を減らせる事ができれば、毎日のカロリーの過剰摂取がなくなるので、自然と痩せる事ができますし、またその範囲での食事になるので、リバウンドする事がなくなるのも当然です。

 

 

この方法は非常に簡単で、お金もかからないし、日常の生活そのものが毎日の体型維持になるので、これと言った苦労も全く無くなります。

 

 

第一段階ですが、まずは胃を小さくする、とイメージするだけです。胃は科学的にも証明されていますが、大きくなったり、小さくなったりします。私が、このダイエットを思いついたのは、極度に太った女性が胃を取り除き、腸と直結させる事で、胃の満腹感が脳に行かないようにする手術のドキュメンタリーテレビを見た時に思いつきました。手術とまでは行かなくても、自分で胃を小さくできればと。まずは皆さんもそこをしっかりイメージしてください。

 

 

第二段階ですが、食事の量を減らす事です。これは胃を小さくするための過程です。当然、食事の量が減るので満腹感が出ないので、すぐにお腹が空くのは当たり前です。ここで大切なことは、「食べない事」ではなく、「食べる事」です。つまりお腹が空いたら、また時間をあけて食べるのです。私の場合は、一日5食くらいに分けて食べました。そうすると、一度に沢山胃に食べ物が入らないので、自然と小さくなって行きます。その結果、今度は少量でも満足感が出るようになってきます。ここが最大のポイントで、とにかくマメに「食べる」のです。

 

 

第3段階に入ります。ここに来るまでに時間は関係ありません。少量で満腹感を感じられるようになっていればいいのです。そして、例えば6食にしていたら、それを1食ずつ間引いて行けばいいのです。6食から5食へ。5食から4食へ。そして4食から3食へ。

 

 

この段階で、成功しています。胃は確実に小さくなっています。小さくなった胃は少量の食事で満足感を頭に伝えるようになっているのです。

 

 

私はこの方法で86キロから62キロまでダイエットに成功し、今でも胃が大きくなっていないので、少しの食事ですぐに満腹感を感じています。食べる量も減ったので、食事にかかるお金も減りました。特に頑張って運動もしていません。さらには何かサプリを飲んだ訳では無いので、特別な出費もありませんでした。
いろんなダイエットでリバウンドを繰り返してしまっている人にこそオススメしたい最高のダイエット方法です。