烏龍茶は本当に飲むだけで、痩せられるのか?

烏龍茶は本当に飲むだけで、痩せられるのか?

数あるダイエットの中でも「飲むだけで痩せられる」と根強い人気の「烏龍茶ダイエット」。

 

 

手軽に始められるので続けることが苦手、と言う方でも取り組みやすいダイエット方法でもあります。
しかし本当に飲むだけで、痩せられるものなんでしょうか?

 

実際この烏龍茶ダイエットの効果には、痩せることができた人とそうでない人とで意見が別れています。
烏龍茶ダイエットの成功のポイントを探っていきましょう。

 

70年代、絶対的人気を誇ったアイドルが美容のために飲用していると話題になったことから、烏龍茶茶ブームは起こりました。
烏龍茶は中国をはじめの台湾、最近では少量ではありますが日本でも生産されています。
ひとくちに烏龍茶と言ってもその種類は様々です。

 

代表的なものとしては中国産の、武岩茶(ぶいがんちゃ)、鉄観音(てっかんのん)など。
台湾産では、凍頂烏龍茶(とうちょうウーロンちゃ)、東方美人(とうほうびじん)などが有名です。
特に東方美人は「オリエンタルビューティー」とも呼ばれ、美容に効果の高いお茶としても人気があります。

 

烏龍茶は、緑茶や紅茶と同じ樹木の茶葉から作られますが、製造過程の違いからそれぞれのお茶に分かれます。
緑茶のように茶葉を摘み取ってすぐに加熱する「無発酵」、反対に紅茶は摘み取った後に茶葉の中に酸化酵素を働かせて発酵させる「完全発酵」です。
烏龍茶はこの中間で、茶葉をある程度発酵させた後に過熱して途中で止める「半発酵」製造されています。

 

このように同じ烏龍茶であっても発酵度合いを変えることによって、様々な種類の烏龍茶を作ることが可能になるのです。
烏龍茶にはミネラルやビタミン、カフェインやポリフェノールなど多くの栄養成分が含まれているそうです。
ビタミンやミネラルは緑茶に比べると若干少なめではありますが、烏龍茶にはポリフェノールが豊富に含まれており緑茶の約4倍とされています。
これは半発酵という製造過程によってできる、他のお茶には見られない烏龍茶特有のポリフェノールなのです。

 

このポリフェノールには、中性脂肪の吸収を抑える効果があるとされていますが、これはすでについてしまった中性脂肪を減らす、ということではありません。
あくまでも普段の食生活から摂取される中性脂肪の吸収を抑える効果が期待できる、ということです。
烏龍茶ダイエットは、中性脂肪の吸収を抑えるとともに、脂肪を燃焼させる効果があるとされています。
脂肪の燃焼とはエネルギーへと変化する効率を上げること、すなわち体を動かす、運動することです。
こちらも烏龍茶を飲むだけで燃焼率がアップする、というものではありません。

 

脂肪の燃焼を助けてくれるのは「カフェイン」です。

 

このカフェインは体内で脂肪の分解を妨げる物質に働きかけ、脂肪分解を促進させる効果があるとされています。
こちらも「脂肪を燃焼する」というよりは「脂肪の燃焼を助ける」働きがあると言えるでしょう。
脂肪燃焼は、体を動かす、運動することですから、このタイミングで烏龍茶を飲むことでさらに脂肪燃焼を高める効果が期待できるのです。
運動といってもいろいろありますが、特に有酸素運動が有効とされています。
有酸素運動は体内に酸素を取り入れることによって、脂肪を燃焼させる働きがあるからです。

 

有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、ヨガなどがあります。
「忙しくて運動する時間が取れない」、「とにかく運動が苦手で苦痛だ」という方も心配はいりません。
有酸素運動は、持続性のある運動だという特徴があります。

 

ただ歩くだけでも立ったまま行う家事も、みんな有酸素運動になるのです。
特にウォーキングやサイクリングなどは、普段の生活の中でも普通に行っているのではないでしょうか。
運動が苦手ならば散歩でもいいですし、家事を始める前や買い物に行く前でも構いません。
このように有酸素運動は「さぁ、運動するぞ」と気負わなくても、当たり前の日常生活の中にあふれているのです。
とにかく動く前に烏龍茶を飲むだけで、脂肪燃焼を高める効果が期待できるというわけです。
しかし必ずしも成功するとは限らないのが、ダイエットでもあります。

 

もちろん烏龍茶ダイエットも例外ではありません。
烏龍茶に含まれるカフェインには、利尿効果があるとされています。

 

そのため適量の摂取であれば、デトックス効果にもなりますが、あまりに排尿が多くなりすぎると逆に水分不足になってしまう場合もあります。
体内の水分不足は、むくみや便秘にまで繋がる恐れがあるので飲みすぎには注意が必要です。
適量とされているのは、1日約600〜800ml程度、コップで約3〜4杯ほどです。
適量のマイボトルで、1日に決まった量を飲むようにするのもひとつの方法ですね。

 

ダイエット中にありがちですが、極端に食事の量が少ないなどの空腹状態で烏龍茶を飲んでしまうと、胃の調子を崩す可能性があります。
カフェインは消化を促す作用があるため、胃液や胃酸が分泌しやすくなります。

 

そのため烏龍茶を極端な空腹状態で飲むと、胃液や胃酸だけが大量に分泌され胃壁を守る胃粘膜が傷つけられてしまうのです。
胃の調子を悪くしないよう、空腹時の飲用には気をつけましょう。
烏龍茶ダイエットで誤解を受けやすいのは「飲むだけで痩せる」という認識です。

 

飲むだけで痩せることができるならこんなに楽なことはないのですが、残念ながらそうではないのです。
烏龍茶ダイエットはあくまでも「脂肪の吸収を抑える効果」や「脂肪の燃焼を助ける効果」が期待できるということです。
痩せた人とそうでなかった人の差は、この認識の差によるものが大きいと言えるでしょう。

 

痩せた人は烏龍茶を上手にダイエットに利用したのです。
烏龍茶ダイエット成功のポイント、それは飲むタイミングです。

 

烏龍茶が脂肪の吸収を抑えたり、脂肪の燃焼を助ける効果が期待できるのは、その食べ物が存在してのことです。

 

ですから食事中や食事後に飲むことも、有酸素運動前と合わせて、烏龍茶の持っているダイエット効果を最大限に活用することになるのです。
特に油分の多い食事の時には、口の中もすっきりするので美味しく食事を楽しむこともできます。

 

始めるのに必要なのは烏龍茶だけのお手軽なダイエット、是非参考にしてみて下さい。