男性より圧倒的に女性が便秘で悩む事が多い理由

男性より圧倒的に女性が便秘で悩む事が多い理由

昔ながらのものから、様々な成分によって便秘薬が発売されたり、便秘の改善の為の健康食品が出ています。
誰もCM、宣伝は女性が起用されており、ターゲットが比較的女性であることがわかります。

 

また、便秘に対して逆の軟便の提示がある時も便秘を現すのは女性です。

 

便秘のイメージと悩んでいる人が多いのは圧倒的に女性が多い事がわかります。男性が便秘関連の宣伝に出ている方が珍しいと言えます。
もちろん便秘に悩む男性はいますが、圧倒的に女性が便秘で悩む事が多いのです。

 

 

女性が便秘になりやすい原因についてご紹介させて頂きます。

 

 

 

女性ホルモン

 

生理前にお腹の調子が変わる女性は多いです。
それは、女性ホルモンの一つである『黄体ホルモン』が原因です。黄体ホルモンは腸が動く働き(蠕動運動)を弱める性質を持っています。その為、生理前に便秘がちになる女性は多いです。
また、黄体ホルモンは水分を身体に貯めやすくする働きがあり、動く事が減ったり、運動不足になりやすくなる事も原因の一つとなります。

 

 

筋肉や脂肪

 

男性と比べると、女性は筋肉が少なかったり、筋力が弱いです。
腹筋が弱いと、重力によって腸が下に下がる事で動きが鈍くなりやすく便秘の原因になります。
また、女性は子宮を守る為に皮下脂肪が子宮に近いお腹周りにつきやすい為、男性と比べると便秘になりやすいのです。

 

ダイエットなど食事の関係

 

美容やダイエットの為に、食べるものを意識する女性は多いです。
食事制限をしたり、食事の時間が不規則になる事で、腸に溜まった便を押し出す為の食べたものが胃から腸へ動くリズムが狂いやすくなります。
キチンと時間と量を意識して食事ゆしないと、便を定期的に出す事が出来なくなります。
腸にとどまった便から、どんどん水分が吸収されてしまうと便が硬くなり、栓の様になって余計に出にくくなってしまいます。
また、油分を控えてしまうとお肌のハリや潤いに影響が出る他に、便の滑りも悪くなり便秘が悪化する事に繋がります。

 

便意が起きた時

 

外出した時、仕事中など女性はトイレに行く事をらためらい我慢してしまう事が多い傾向にあります。
便意は我慢して、しばらく時間が経つと収まるので、一旦はそれでその場をしのいでしまうのです。
しかし、我慢し続けていると腸が便を出す動き、蠕動運動まで鈍くなってしまいます。

 

弱まった上に、食事の所でも挙げた腸が水分を吸収して便が硬くなる事で、便秘がひどくなってしまうのです。

 

便秘に効果的な食事やサプリメントでも改善しないと場合、どうしても便秘薬に頼りがちです。
しかし、 便秘薬に頼ってばかりいると腸が刺激に慣れてしまい、刺激の強い便秘薬出ないと効かない、たくさん飲まないと効かない様な便秘になってしまいます。

 

便秘は不快感やスタイルの悪化、腸が老廃物を吸収する事による肌荒れなど、良くない副産物が増えるばかりになります。
食事や運動、そして我慢しないなどの意識で快腸を保つ事が何よりです。"